お知らせ

お待たせしました。Emeat若牛『寿司太郎』始まります。上記バナーのお店で続々登場!今回は精肉はこちらではなく通販サイトでの販売になりますので、詳細はもう少しお待ち下さい。その代わり、食べる牧場情報誌のエミートイートブックとカレーのセットを数量限定で販売させて頂きます。












群馬県で黒毛和牛を生まれから出荷まで育てています石坂牧場の恵美です。
「恵美+お肉」でEmeat(エミート)という個人ブランドを行っています。
牛飼いに軸を置きながら、トラックに乗せるまでではなく、召し上がって下さる方に運ばれるまで牛さんを育てるという事を理想としています。











今回のお肉は Emeat若牛 の 寿司太郎 です。






USHI ? SUSHI ?  WAKAUSHI ?




東京のお寿司屋さんが自分の子供が生まれたら名付けたかった「寿司太郎」という名前。もちろん普段は優しい奥様に当然のごとく反対され叶わなかったのですが、今回我が家の牧場で念願が叶いました!




Emeat若牛とは、黒毛和牛を通常約30ヶ月間肥育し出荷するサイクルを約10ヶ月ほど縮めて出荷するいわゆる若い牛の事です。外国産と差別化する為に黒毛和牛の最大の特徴である霜降り(サシ)を最大限に引き出す為の飼育方法が進んでいますが、消費者の志向の変化に応えながら穀物の削減や環境負担を減らし、未来に繋がるような新世代の黒毛和牛を提案していきたいと牧場でチャレンジしている取り組みです。





今回のお肉の詳細は上の画像にリンクを貼っています。



 










上部へ戻る